映画「「アナザーアース」はそっくりな地球が、地球に近づいてくるところから始まるSFシリアスドラマ

画像

ツタヤの仕掛けのあるコーナーで借りたのだから、安製作B級映画であることを覚悟してかりました。
もちろん映像はビデオ。有名俳優は皆無です。
でも、こういう映画も年に5~6度大当たりがあります。2011年サンダンス・フィルム・フェスティバルで
審査員特別賞を受賞した作品。新人登竜門的賞です。

友達の映画通からの情報ですが、
主演の女優がなかなか売れなくて、エイ、自分で脚本作って
スタッフを集めて、破産覚悟の命がけで作った作品だそうです。
この映画は、その主演女優が引っ張ってくれた映画でした。

17歳で大学(MIT)入学を果たした頭のいい少女役ローダが主演・脚本・製作のブリット・マーリング
お酒も飲み有頂天になっている夜、見たこともない惑星が地球に近づいているとラジオニュースで知る。

それに気を取られた彼女は車の運転を誤り、
教授夫婦(妊婦と幼い子)を死なせてしまう……。

4年後、刑期を終えたローダは謝罪のために、唯一助かった元教授のジョンを訪ねる。

だが、自分が殺しましたと言う勇気がなく、思わず身元をハウスクリーニングと偽ってしまう。
毎週クリーニングに通ううちにジョンとの関係を深めていく。

罪悪感に追い詰められていくローダだったが、
謎の惑星は自分と同じ人間が存在する<もう一つの地球>だと知り、宇宙飛行士募集に応募する。

いろんなエピソードがあり、語りがある。それは後悔とその対処法に絞れれている。
SFファンタジーとして見ると、大勘違いです。

そう、ほとんどが、こころを語っています。

「人生に”もし”はないのだ。起こったことは常に自分で背負わなければならない」と訴えているのです。
そして、「その延長にある赦しもまた、自分自身でしか与えられない」と。

ブリット・マーリングが、この映画を手をつないで見せてくれます。

別の自分に会う前のローダ
画像



邦題アナザープラネット→DVDで「アナザーアース」に原題:Another Earth

ストーリー

主人公ローダ・ウィリアムスはマサチューセッツ工科大学で
将来宇宙物理学の研究になることを夢見ていたエリート学生である。
「将来はなんでもできそうな気がする」と思っていた彼女の人生は突然変わる。
EARTH2と呼ばれる地球と瓜二つの惑星の存在をラジオで知り、
暗闇に映り出される小さな多い惑星に気を取られているうちに
交通事故を引き起こしてしまう。
対向車に乗っていたジョン・バローズは一瞬にして最愛の妻、幼い子供そして妻のお腹の中にいる子供を失ってしまう。

ローダは四年の服役後、自分の犯してしまった事故の責任に苦しみながら塞ぎこんだ人生を送る。
そんなローダだが、ジョンに謝りに行く決心をすることになる。

そこでジョンと彼女の葛藤に満ちた人間模様を繊細に描いた物語が待ち受けている。

魅力満点のSFシリアスなヒューマンドラマです。



キャスト

ブリット・マーリング、
ウィリアム・メイポーザー(トムクルーズの従兄弟)、
ロビン・ロード・テイラー

スタッフ

監督:マイク・ケイヒル
2011年(アメリカ)




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

全国の都道府県の広告なら、おまかせください!
新聞・テレビ・フリーペーパー・求人・チラシ広告のリスト・料金一覧が載っています。
もちろんご相談無料です。
良い広告、効果のある広告の種類をアドバイスいたします。
大阪・広告代理店メディアバルーン大阪営業所
TEL06-6881-0456  mail  aaa@a-ad.net  URL http://a-ad.net






画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック