「ウェストワールド」の主人公がユルブリンナーからアンソニー・ホプキンズに変わって人類がロボットに負けるまでを描いて…

ウエストワールド(TVシリーズ) 映画:1973年製作された映画「WESTWORLD]は観た方はいると思います。 監督・脚本マイケル・クライトン(初監督)、主演ユル・ブリンナー 1973年からはるか未来の時代、巨大遊園地「デロス」甲子園球場600個分の広さ。 入場料1日1000ドル(約260万円) そこはアメリカ西…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「イミテーションゲーム」のイミテーション(マネ)は何のマネか解ります?

イミテ―ションゲーム エニグマと天才数学者の秘密 チューリングのジョーク 『2人の男が森の中巨大のクマに出くわした。 1人目は祈り、2人目はブーツの紐を締めた。 1人目は言った「無駄だクマより速く走れない」 2人目は答えた「君より速く走れればいい」』 視点に対するジョークなんでしょう。 巨大で獰猛な熊でも襲うのは一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「3度目の殺人」人は 自分に向き合って後悔するもんだ と思い込む。

三度目の殺人(The Third Murder) 人が答えているのに、さえぎり 「わからんわ、ちゃんと説明してよ」 「だから/」 人の説明能力を判断して、ピシャっと 「もうええ、他あたる」 よくありますよね。 でもこの人、聞く能力が自分にないことを気付いていないんです。 気付かない人は、いつまでたっても 自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワンダー君は太陽

ワンダー 君は太陽(Wonder) 久々に明るい映画を観たくなるのは、心が暗いからじゃなく、視点をニュートラルに戻したくなったようです。 マイブログでは、主に暗い事件や、テレビの偏向や安倍首相が健在などのコメントが続き、 テレビの地位下落を見たくないのもあります。 事実 ネットとテレビの逆転がボクにも起こっています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「エヴァの告白」は「道」と「欲望と言う電車」が浮かんできます

人には少なからず「取柄とりえ」と言うものがあります。 ボクの取柄は、「大づかみできる」こと。 小学1年生から中学3年まで一貫して通知簿にそう書かれていました。 ただ、これも必ず続きの言葉があります。 「注意が足りない、しっかり聞きましょうね。」 おそらくこちらをいうために大づかみと書いたんでしょう。 映画の主人公エヴァは…
コメント:0

続きを読むread more

「インターステラー」 マシュー・マコノヒー

インターステラーInterstellar この世は、本当に3次元なんでしょうか。 大学時代映像ゼミを取っていたんですが、 その時から3次元じゃなく、4次元じゃないかと思っていました。 1秒16枚(ダブル)18枚(シングル)の写真を連続して写すと、動くように見えます。 それはつまり、時間が生まれたことなんです。 時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あのミファエルハネケ監督の『ハッピーエンド』何がハッピーエンドなのか

ストーリー スマホの画面が突然出てくる ●撮っているのは娘で撮られているのは母親、隠し撮りみたいに 歯を磨き、化粧落とししておしっこをして寝にいくところ。 ●モルモットに何やら食べもの仕込んでモルモットが動かなくなった 「一丁上がり」 と喜んでつい言葉が出る ●目当ての母に試して、倒れたところで救急車を呼ぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葛城事件「俺はやることはやってきたんだ」

鏡に映る自分って ほんとうの自分でしょうか。 左利きの人間は、 すぐ分かります。 すごく正常に見える、右利きの人間になっているんです。 右利きの人はどう映っているんですかね。 ※右利きの人に訊ねたら「全然そんなこと思ったことない」とボクを怪訝な目で返してきました。 映画の中で三浦友和(葛城清役)カラオケバーでひとり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フリンジ(FRINGE) みんな夢の中

もし、あの時 別の男と心中しようとした彼女が、高野山の雪道で50m転落しなかったら、 片足を失くさなかったら、 結婚していただろうか。 もし、20年後、彼女がボクを訪ねて来たとき、娘や妻と別れて、再び一緒に暮らすことになっただろうか。 いや、そもそも娘が存在していただろうか。 いくつもの事実が同時進行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「君はひとりじゃない」原題 Body/Cialo「肉体/からだ」

アメリカテレビ映画『LOSTシーズン5』に出てくる中国系アメリカ人のマイルスの霊能力の話しを思い出しました。 250ドルかをもらって 高校2年で亡くなった息子がお父さんが愛していたことを 分かっていたかどうか、霊媒士のマイルスに頼む。 亡くなった高校生に通信する。 「ちゃんと分かってる」と父親に伝える。 お金をもらって出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リトルフィッシュ」 ケイト・ブランシェットの流れで

リトルフィッシュ(原題 Little Fish) ケイト・ブランシェットという女優は、きっと日本人好みじゃないんでしょうね。 ニコールキッドマンと相通じる顔です。どちらもオーストラリア国籍人です。 人は子ども時代は、きらきらと輝いていたと思う。 人生の岐路で、超豪華老人ホームに入るか、それとも野垂れ死ぬか、死…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生きてこそ「ALIVE」実話だから、サバイバルだから、そんなんで書くんじゃネエッ!

生きてこそ「ALIVE] ALIVEの意味は「生き生きと」「活発な」つまりアクティブに生きるって意味なんです。 父も母も死ぬちょっと前「早よ死にたい」と言って死んでいきました。 ある先生は「人は死のうと思った時、死ぬ」って言ってました。 この映画で「諦めたら死ぬ」と言っています。 DVDの特典(メーキングとインタビュー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルー・ジャスミンは「欲望という名の電車のリメイク?

ブルージャスミン Blue Jasmine 電車がタクシーになり、ボウリング場は携帯電話になる。 夫は自殺し、主人公は一文なしになり、狂う、大筋は、そういう意味では、リメイクなんでしょう。 じゃビビアン・リーの手の演技もリメイクして欲しいと思うでしょう? 「何それ、そこまでは知らない」と言う人がほとんどです。 でもビビア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「グッドシェパード」を見ていたら柳瀬首相秘書官がばっちり浮かぶ

グッド・シェパード The Good Shepherd[善き羊飼い」 頭を下げ机にへばりつくほど頭を下げ、いくらでも謝るけれど、記憶力が無く、秘書なのに報告しない、指示されてないのに、勝手に動き、すべて記憶が、記憶がと言っておきながら 首相の指示も報告もしなかったことは、きっぱりと主張する、あの柳瀬唯夫。 彼は東大を出て役所に入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「風と共に去りぬ」は、もう歴史物になっている。

戦前の1939年(昭和14年)の制作 最初に字が大きく映ります。 「かつて在りし騎士道と綿畑の地 人はその地を古き良き南部と呼んだ。 その麗しい世界で最後に花を咲かせた   勇気ある騎士達と艶やかな淑女達   奴隷を従えた主人たち   今は歴史に記されるだけの儚い思い出となった  大いなる文化は 風と共に去りぬ・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欲望という名の電車臭い芝居が、どんどん嵌る

この映画は名作だとは知っていて、観る機会がありませんでした。 最初のシーンで なんて臭いオーバーアクション、特に上半身の手の動き、影を作るが 下水道から流れ、ヘドロの海ん中のニオイを感じた。 妹役のも若い役なんだろうけどおばん臭いし、 そんな感じで映画を見ていると、主役の中年増女の演技に耐え難く、4度ぐらい放映を止めま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ソーシャル・ネット・ワーク]

FACEBOOKの個人情報漏えい(最大8700万人)。2018年1月現在21億7000万人 (2016年で5000万人に不正流用し ロシアの機関がクリントンをフェイク(偽・嘘)ニュースで攻撃したり、広告配信した。)アメリカ大統領選挙でトランプ大統領誘導に成功した。 2013年イギリスの大学研究者ワイリー氏が自己診断アプリを開発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

There Will Be Blood 直訳すると「血に染まるだろう」『血族が一番』

There Will Be Blood[ゼア・ウィル・ビー・ブラッド] ツタヤ旧作借り放題1000円なのに この映画のおかげでこの1本のために1週間もかかってしまった。 何度も、何度も止めて、翌日に見て、また止めてしまい, たった1本を1回見終わるまで1週間もかかった。 5本借りたあとの4本は息抜きのための4本でしかなかっ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「怒り」

怒り(RAGE) バカにしか見えない麻生副首相は 籠池・家計でも、セクハラでも 「部下を信頼している、信じたい」といつまでも言っている。 彼の「信じたい」の言葉の下にはハナから信じているように見えない。 信じたいけれど、信じ切れない。そんな人間的なものが見えない。 麻生氏の信頼・信じるは「心の底から言っていない」のが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「KT」はKCIAで金大中のことで「K=空気 T=違う」じゃ、ない。

どっちの国の映画なのか判らないんです。もしかしてどっちでもない。 自衛隊員が隠密なのにやたら、敬礼するし、「であります。」とぬかすんです。 監督は坂本順治なんです。藤山直美の「顔」の監督です。 「軍人が戦って何故悪い!オオカミは生きろ!ブタは死ね」と 主人公の三国連太郎の息子が言うんです。 夕刊東京の記者役の原田芳…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more