[スイスアーミーマン」ってスイス軍兵士の孤島脱出映画かと思っていたが、誰もが持っている「希望」の映画です。

スイス・アーミー・マン Swiss Army Man ※原題の「Swiss Army Man」は、「死体」のメニーがスイスアーミーナイフのように 様々な機能を備えていることに由来している。 ポール・ダノが髭をはやしていて最初はわからなかったし、 ダニエル・ラドクリフは顔も見たことがない (子供の顔だったらピンとき…
コメント:0

続きを読むread more

「アメリカン・ハッスル」やっぱりトランプのいるアメリカです。政治家に手を出すな!

何故かミネソタ州が気になる映画です。 アメリカ大統領選でもブルーステイト(民主党)でバイデンが勝った デトロイトが有名です。 32番目に州になったのが1858年 ※1853年7月8日(嘉永6年6月3日)- ペリー来航。浦賀沖。 この映画の中でFBIの上司(C・K)の逸話が気になります。 リッチー捜査官が「政治家をハメ…
コメント:0

続きを読むread more

Surveillance(サベイランス)

人は状況で目が見えなくなるのが常。 安倍首相にしたむきさだけの取柄の番頭が総理大臣になったとしても、何も変わらない。 ハンコ不要とか、学術会議6人任命拒否にしても、菅と自民党そのものが変わらない。 松井市長の賭博場誘致と都制賛否は、実は 高校退学処分で中卒で終わっていたのを大卒にしてもらい会社も作ってもらい(住之江競…
コメント:0

続きを読むread more

茶の味

茶の味 ※ストーリーは”無い”に等しいけど... ストーリー 山間の小さな町に住む春野一家(6人)。 催眠術士夫のノブオ(三浦友和)、 アニメの原画マンとして復活第1作を自宅で作業中の妻の美子(手塚理美)、 高校1年生になった囲碁部のハジメ(佐藤貴広)と 小学2年生の逆上がりができない幸子(坂野真弥) 元…
コメント:0

続きを読むread more

「岸辺の旅」深津絵里と浅野忠信と蒼井優と奥貫薫さんが光っています。

岸辺の旅 ストーリー 夫(病院の歯科医)である優介が失踪して3年。 考えられるところをすべて探したが 優介をみつけられなかった瑞希(ミッチャン)は、 やる気のないピアノ教師になっていた。 ある日突然に優介が部屋の中に靴を履いたまま現われる。 足があるので昔の幽霊ではない。 実体が見え、他人にも見え、お腹も…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

サニー/32

「凶悪」のピエール瀧とリリー・フランキーが出ているので「サニー/32」を観ました。 タイトルでサニーだから、アイドル映画と勘違いしますが、ピエール瀧とリリー・フランキーがどんな役しているのか 興味を引きます。主演のオンナの子は誰なのか知りませんけど。 [サニー/32」の意味 11歳の小学生が同級生を殺す事件でたびたび報道され…
コメント:2

続きを読むread more

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」 内容 結婚して5年後 夫はバツ一で、その反省から結婚5年目に今一度節目を着けようと話していた。 そんなある日、妻が毎日死んだふりをしだした。巨大ワニに首をかじられていたり、それもブラウスに血のりがついていたり、 軍服を着て兵士の死体になりきったりと 手の込んだ死んだふりをしてお…
コメント:0

続きを読むread more

「イエスタデイ」インド系の人がビートルズを歌うのは、観終わったあと違和感がない。

絶対零度は知ってますよね、マイナス273.15℃です。 では絶対熱度は何度か知ってますか。 宇宙が生まれて1秒後の温度なんです。 現宇宙でいる限り、2度とある温度ではないので、ある意味何の役に立つ知識ではありません。 142×1兆倍×1兆倍℃ 太陽のコロナは約100万℃ 太陽の中心は1500万℃。 地球の中心は、約530…
コメント:0

続きを読むread more

レイチェルの結婚

レイチェルの結婚(Rachel Getting Married) この映画は2009年に日本公開された。 コロナショックのまだまだ消えていない、(調べてもいないので感染が音を立てず、テレビ報道も触らず、安倍政府は意に介さず) 麻生のボケは「民度の差だ」と抜かす。 人を差別する日本人がいかに多いかの方が問題です。 コロナにかかわ…
コメント:0

続きを読むread more

映画「ミスト」怪獣映画版の監督は「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」を監督している。

見えないものを信じるってことが、これほど難しいもんだって,言っています。 一度叩き込まれた『常識,真理,や正義』は、 そこから外の考えに行き着かない。 さらに、パニクっているときは,余計にしがみつく。 映画を見てる方は,「何て,バカな人たちなんだ!」 子供だましじゃんッ、 しかも 「最後はなんでハッピーにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジム・ジャームッシュ監督「パーマネントバケーション」「ストレンジャーザンパラダイス」

新コロナパンデミックの最中に観る映画は、 何を観ても、リアルの現実の方が重たく、心に殴り込まれているので、 感想が新コロナのない時と比べて、違う取り方をしているんだろうと思います。 でも、こんなことを書いていないと、自分の恐怖心で負けてしまいそうなので。 部屋に閉じこもっているので、10何本かは、観ました。 ほとんどの作品…
コメント:0

続きを読むread more

「ブロークンフラワーズ」人は今が大事と判っちゃいるけど、過去にこだわるのを辞められない。

「ブロークンフラワーズ」Broken Flowers 過去に囚われず、引きずらず、今を、一瞬の今を大事しないといけないと 仏教でも、「岸辺の旅」など映画では語られている。「岸辺の旅」https://cinema-eiga.at.webry.info/201607/article_2.html 今の0秒が、最も大事だよと、わかっ…
コメント:0

続きを読むread more

「ゾンビーノ」はB級ですが、台本の意図は鮮明です

「ゾンビーノ原題Fido(ファイド)」 原題のFidoとは、ポチというように英語圏において ペットの犬に対してつかわれる名前。 信頼・忠実と言う意味なんですが、 もう一つ重大な意味が隠されている。 両親が「ヘンな名前!」と言うように違和感を覚える。 ウィキで調べると「生体認証」システム。目とか指紋、顔を認識して 入…
コメント:0

続きを読むread more

欲望という名の電車臭い芝居が、どんどん嵌る

この映画は名作だとは知っていて、観る機会がありませんでした。 最初のシーンで なんて臭いオーバーアクション、特に上半身の手の動き、影を作るが 下水道から流れ、ヘドロの海ん中のニオイを感じた。 妹役のも若い役なんだろうけどおばん臭いし、 そんな感じで映画を見ていると、主役の中年増女の演技に耐え難く、4度ぐらい放映を止めま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「素粒子」って原子核も電子も

アインシュタインの言葉 素粒子Elementarteilchen(ドイツ映画) 素粒子と量子 素粒子はこれ以上分解できないモノ 代表格は 電子・中性子・陽子。光を粒子としてみたとき、 光子・ニュートリノ・クォーク・ミューオン 量子とは、粒子と波の性質をあわせ持った、 とても小さな物質やエネルギーの単位…
コメント:1

続きを読むread more

There Will Be Blood 直訳すると「血に染まるだろう」『血族が一番』

There Will Be Blood[ゼア・ウィル・ビー・ブラッド] ツタヤ旧作借り放題1000円なのに この映画のおかげでこの1本のために1週間もかかってしまった。 何度も、何度も止めて、翌日に見て、また止めてしまい, たった1本を1回見終わるまで1週間もかかった。 5本借りたあとの4本は息抜きのための4本でしかなかっ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

[ソーシャル・ネット・ワーク]

FACEBOOKの個人情報漏えい(最大8700万人)。2018年1月現在21億7000万人 (2016年で5000万人に不正流用し ロシアの機関がクリントンをフェイク(偽・嘘)ニュースで攻撃したり、広告配信した。)アメリカ大統領選挙でトランプ大統領誘導に成功した。 2013年イギリスの大学研究者ワイリー氏が自己診断アプリを開発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「KT」はKCIAで金大中のことで「K=空気 T=違う」じゃ、ない。

どっちの国の映画なのか判らないんです。もしかしてどっちでもない。 自衛隊員が隠密なのにやたら、敬礼するし、「であります。」とぬかすんです。 監督は坂本順治なんです。藤山直美の「顔」の監督です。 「軍人が戦って何故悪い!オオカミは生きろ!ブタは死ね」と 主人公の三国連太郎の息子が言うんです。 夕刊東京の記者役の原田芳…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「怒り」

怒り(RAGE) バカにしか見えない麻生副首相は 籠池・家計でも、セクハラでも 「部下を信頼している、信じたい」といつまでも言っている。 彼の「信じたい」の言葉の下にはハナから信じているように見えない。 信じたいけれど、信じ切れない。そんな人間的なものが見えない。 麻生氏の信頼・信じるは「心の底から言っていない」のが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ウェストワールド」の主人公がユルブリンナーからアンソニー・ホプキンズに変わって人類がロボットに負けるまでを描いて…

ウエストワールド(TVシリーズ) 映画:1973年製作された映画「WESTWORLD]は観た方はいると思います。 監督・脚本マイケル・クライトン(初監督)、主演ユル・ブリンナー 1973年からはるか未来の時代、巨大遊園地「デロス」甲子園球場600個分の広さ。 入場料1日1000ドル(約260万円) そこはアメリカ西…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more