大阪広告代理店マンのシネマ映画

アクセスカウンタ

zoom RSS 羅生門、1950年の映画ですが、今はもっとひどい状況になっている。

<<   作成日時 : 2016/09/19 02:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

羅生門

封切られたのは昭和25年。ほとんどの人はリアルタイムで見られた人はいないと思います。
ボクだって、アメリカ版のリメイク「暴行」が最初でした(多襄丸役はポール・ニューマン)
見たけど記憶が薄れ,何がテーマだったのか分からない人もいるでしょう。
黒澤明監督は「どですかでん」以降は,難しいんですが,それ以前の映画は,分かりやすいのに
覚えていないんじゃないですか。

ストーリー
画像

平安時代。戦乱、疫病の流行、天災で
人の心も貧しい、京の都。
雨が降る中で羅生門に
杣売り(そま売り:材木焚き火用木材売り)と旅法師が放心状態で座り込んでいた。
「わからねえ、さっぱりわからねえ」と杣売り
激しい雨宿りのため下人がやって来る。
そこに下人は退屈しのぎに、「「判からねえ」のこと言ってみな。」
3日前に起こった殺人事件を語り始める。
ある日、杣売りが山に薪を取りに行っていると、武士の死体を発見した。

杣売りは検非違使(警察)に届け出た。
死体発見者の杣売りと生前の2人の目撃者旅法師が検非違使の法廷(お白洲)で証言。
画像

犯人の多襄丸が証言する。
「正々堂々と斬り合い殺した」と
次に武士の妻が証言する。
画像

「夫の蔑む目から逃れるため、私が夫を殺した」
次に死んだ武士がイタコを通じて
「情けないので自害した」
と・・・・。

セリフ
その前にこんな事件が最近ありました。
2016年7月5日

神戸市立小学校の事務職員女性(56歳)神戸市西区)にもなって。
ネコを飼っていて、えさに群がるゴキブリを集めて
「ここじゃ飼えないの!よそで生きて頂戴」
と言って、ポリ袋にゴキブリを手づかみで10数匹捕まえて
2016月26日午後11時20分頃、
近くのスーパーじゃなく、垂水区のスーパーに行って、
ゴキブリにとって居心地よさそうな鮮魚売り場にポリ袋の封を開けて立ち去った。
「生きるのよ!」ときっと自己投影して、心の中で祈ったかも知れない。
ちゃんと生きているのかを調べに7月4日に再び訪れた。
その時、突然警官が数人が近づき「威力業務妨害」の疑いで逮捕された。
「何でゴキブリを撒いたんだ」の尋問に、
「ゴキブリさんたちに生きて欲しくて、
お店を狙って嫌がらせをした訳じゃありません。」とファファファーと泣き崩れた。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

坊さん「今日のような恐ろしい話は、初めてだ、そうだ恐ろしい話だ」
坊さん「人の心が信じられなくなりそうだ。戦よりも疫病よりも.....」

下人「もしもし坊さん、説教はたくさんだ。
   退屈な屁理屈聞くぐらいなら黙って雨の音を聞いているよ」

下人「本当のことも言えねえのは、人間さ
  「人間て奴は、自分自身でも白状しねいこともたくさんある」
坊さん「人間は弱いからこそ,嘘をつく.....」

このくだりのセリフは、言葉尻が変わっても,合計3回も出てくる。
下人「特に女もそうだ。気をつけなくちゃイケネ」も入っていますが...

本質は,「人間は、だれもかれも嘘をつく。自分自身にさえ」
画像


エンディングは,興業成績のため、観客へのサービスのためで、救いを作っている。

監督 黒澤明
脚本 黒澤明 橋本忍
音楽 早坂文雄
製作・配給会社 大映
1950年8月26日
上映時間 88分
予算の大半を羅生門の建設費に充てられた。
大映京都撮影所の広場に原寸大の「羅生門」のオープンセットを建設した。
間口18間(約33メートル)、奥行12間(約22メートル)、高さ11間(約20メートル)で、
柱は周囲(約1.2メートル)の巨材18本を使い、「延暦十七年」と彫られた瓦を4000枚焼いた。
冒頭の雨のシーンでは、水に墨をまぜてホースで降らせたという。

日本映画初となるヴェネツィア国際映画祭金獅子賞
アカデミー賞名誉賞を受賞




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
カテゴリーは、右側にありますが、もう少し細かいカテゴリーを見たい場合、
1度カテゴリーのどこでもクリックしたら、もっと細かいカテゴリーが見れます。

----------------------------------------------------------
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
画像


A関西ニュース(京阪神地区大阪・兵庫・京都・
滋賀・奈良・和歌山・三重県)の
オープン、キャンペーン、イベント・お得情報を無料で告知する



「A関西ニュース」関西パブリシティニュースサイトhttp://pubnews.at.webry.info/



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
大阪、グラフ、広告、小売飲食、経済、NET、政治、放射能、秘密保護法などが
書いてあるブログ
大阪広告代理店のひとりごとUのブログトップページへ
http://aada.at.webry.info
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
全国の都道府県の広告なら、株式会社ア・アド・エージェンシー
テレビ・ラジオ・新聞・フリーペーパー・求人・チラシ
広告のリスト・料金一覧
が載っています。
もちろんご相談無料です。
良い広告、効果のある広告をアドバイスいたします。

大阪・広告代理店ア・アド・エージェンシー
大阪市北区天神橋1丁目7−10やまとやビル3F
TEL06-6881-0456   mail aaa@a-ad.net   URL http://a-ad.net
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
画像をクリックすると、このページに飛びます
画像

画像をクリックすると、このページに飛びます
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
梶本千穂の家族が凄いのか養子の卓が凄いのか堺男児不明事件
2016年11月17日 何か映画「羅生門」の現在版を見ているような気がしました。 ...続きを見る
大阪広告代理店のひとりごとU
2017/02/20 20:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
羅生門、1950年の映画ですが、今はもっとひどい状況になっている。  大阪広告代理店マンのシネマ映画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる