テーマ:イギリス映画

「イエスタデイ」インド系の人がビートルズを歌うのは、観終わったあと違和感がない。

絶対零度は知ってますよね、マイナス273.15℃です。 では絶対熱度は何度か知ってますか。 宇宙が生まれて1秒後の温度なんです。 現宇宙でいる限り、2度とある温度ではないので、ある意味何の役に立つ知識ではありません。 142×1兆倍×1兆倍℃ 太陽のコロナは約100万℃ 太陽の中心は1500万℃。 地球の中心は、約530…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゼロの未来

ゼロの未来(The Zero Theorem) ネット社会でサイネージが景観を占めてしまっているへんてこな近未来。 主人公コーエンがZEROの証明するため悪戦苦闘する。 インターネット用語が氾濫するけど、何か嘘っぽい、機械の中に人が入っていたり、スマホが無い時代(2014年製作なのに!) テーマは、ZEROが判れば、 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「アリス・クリードの失踪」は、たった3人で、面白く見せる、映画らしい映画。

アリス・クリードの失踪 刑務所仲間2人が金持ちで一人娘の女を誘拐して 身代金を取るまでのストーリーで、セリフは、ほとんどないし、要らない。 犯人2人と誘拐された3人だけが、出演する映画です。 最近見た[毛皮のヴィーナス]は2人だけでしたけど。.... 緊張感がどれだけ続くのか、ひやひやしていたんですが、 とり…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

マイク・リー監督の映画「ヴェラ・ドレイク」で、法律を抜きで考えたら、何が悪で、何が善意であるのか?

2013年7月11日日本、養子を斡旋する一般社団法人「ベビーライフ」が、2009年~2011年の間、41件の斡旋して斡旋料として4600万円受け取っていた。 スタッフ人件費や、乳児園に預かってもらう費用なども含まれて1人当たり180万円の寄付金を受け取っていた。 しかし、利益は出ていないと、主張する。 児童福祉法では、斡旋…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「秘密と嘘 」は、「徹子の部屋」で淀川長治が黒柳徹子に勧めた。

「徹子の部屋」でゲストとして出演していた淀川長治が、 最後に黒柳徹子に「秘密と嘘」を強く観るように勧めていて、 それは、 皮肉なのか、真意なのか、個人的キャリアと関係しているのか、彼女の家族問題を知って勧めたのか 何故か、ずーっと気になっていたんです。 それから、何年なんでしょう。 やっと見れました。涙が滲むほど、い…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「スライディング・ドア」 ちょっとしたことで、次元が二つに分かれてどちらが良いか?って

よく考えたことがあるんですが、ぼくがあの時、違う道を選んだらどうだったか。 違う道を選んでいたか?、やっぱり選んでいなかった、当時も、今もそれでよかった。 自分は自分なりに、選んでこの結果に甘んじる。 べつに大成功してる訳じゃなく、淋しい生活を送ってはいても 最善とは、いかなくとも、自分の自分らしい選択をしてきた。と思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アバウト ア ボーイ」で 「人間は孤島じゃない」って言葉から生まれた映画なんです

「人は、孤島ではない」って言ったのは誰でしょう? ロビンソン・クルーソー ジョン・F・ケネディー トム・ソーヤー ひょっこりひょうたん島のドン・ガバチョ 黄色いハンカチで高倉健さんのセリフ ロッカーのジョン・ボン・ジョヴィ ビートルズのジョージ・ハリスン 「老人と海」のアーネスト・ヘミングウエイ 答えはどっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「わたしを離さないで Never Let Me Go 」は、死ぬゴールが見えたときに 始める総括の話

わたしを離さないで Never Let Me Go 人は,死が身近に感じ出すと、旅立ちの準備をしてしまう。 準備とは、今までの総括なんです、総括しないと、前へ進めないからです。 大半の人は、その準備が整わず、_意味も判らず往ってしまう。 ルース(主人公キャシーの友人(生まれた時からの)は、 死に向かう覚悟を決…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

「アイリス」は認知症に。哲学者で、小説家でも、やはり怖いんです。認知症になった時 自分が分かるのかと

(ネタバレと言えば、ネタバレ、違うと言えば、違います) アイリス「私にしっかりついて来て!」 ジョン「おいつけないよ」 と自転車に乗っている時の会話が、全てを物語っているような。 アイリスは、人生を思い通りに、哲学者で、小説家になって行く、でも思いがけず認知症になる。 ジョンは、アメリカ人や他の外国人に英語を教…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「127時間」は断層に落ちて脱出するまで127時間かかる間の映画ではない。彼の人生すべての物語

127時間 (127 Hours) 127時間約5.3日間、誰も気付かない場所で、誰にも伝えてこなかった男が、助けを求めても 99.9999%無理なスチエーションで彼はどうして脱出するかの映画なら、 この映画は、絶対にヒットしなかったと思う。案の定ぼくだって観る気がしなかった。 ある僕の広告主担当の方の大好きな映画の代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more