テーマ:メリル・ストリープ

映画「恋に落ちて」は人生を山としたら、その頂にいる頃 だからできるんでしょうね。

友達が言う やっと離婚することに決めたよ、 女房や子供もすっきりするし」 デ・ニーロ「それは、残念だな」 友達「えっ、なんで残念なんだ」 時がたち友達が言う 「結婚をせまられたよ、 オレは、ヘタで、おまえがりこうだよ」 デ・ニーロ「りこうもなにも浮気なんか1回もしてないよ」 友達「それが、利巧と言うんだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アダプテーション」は[脳内ニューヨーク」のチャーリー・カウフマン脚本だからみたんです。

チャーリー・カウフマンと言えば「マルコビッチの穴」と言われますが、ぼくはその映画で チャーリー・カウフマンを理解できなかったので、忘却のゴミ箱に投げ入れた。 ところが、「脳内ニューヨーク」でシーモアがますます好きになり、 http://cinema-eiga.at.webry.info/201401/article_32.…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

『めぐりあう時間たち』は、ニコール・キッドマン、メリル・ストりーブ、ジュリアン・ムーア が出ている

泳ぎのうまい人は、水の中で自殺できる訳ないと、きっと誰もが知っている。 本能で、口を水面にどうしても出してしまうから。 それでも、水の中に入って死のうとすれば、強靭な意志と、逃げれない仕掛けを作って入って行く。 たぶん、それでも成功率は10%未満なんだと思う。 この映画の主人公は、2回も自殺未遂していて、3回目に入水自殺を試…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more