テーマ:園子温

「ちゃんと伝える」ことが、一番身近な人には、難しいけど、それでもちゃんと伝えないと

園子温監督は「希望のくに」からカミソリのような切り口の手法から、 エアブラシで描いた漫画のように、ふわぁっとした作風に変化していると思いませんか。 大人になったのかな 「Eテレで寺山修司の軌跡を訪ねる番組に出ていた」のを聴いていたら、そんな気がした。 ちゃんと伝える。 人は、独りよがりで伝えたつもりになって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「冷たい熱帯魚」も「ヒミズ」から見たんです。でんでんが、悪い人なのに説得力ありました。

「冷たい熱帯魚」 富士山が見える街の2つの、熱帯魚屋さんの、言ってしまえば、落差物語。 一人は、慎ましく営んでいる社本(吹越満)。 一人は、若い女の子をたくさん雇って、繁盛している、そこが村田(でんでん)が経営している。 もちろんでんでんの顔だけで、なにか悪いことしているって、わかります。 金を投資させては、殺…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

[愛のむきだし]

4時間近い映画です。でもあっさり、見れました。難しいところは、聖書のコリントへの手紙ぐらいで、 すすすーっと。観れました。愛のむきだし、タイトルどおり、愛のむきだし映画です。 満島ファンなら、喜ぶシーンもあり、長編漫画を読んだような、読後感です。 「ヒミズ」から入ったぼくにとっては、物足りなさは、ありましたが。『ヒミズ』を理解する…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ヒミズ」NO1・2出足

NO1 秘密を東北訛で云うと「ヒミズ」になるので「映画ヒミズ」は東北が舞台だと 思っていたら、大間違い「土の中にもぐりたい気分です。 両親ともに愛されない稀なのか、今じゃ当たり前なのか知りませんが、そういう2人の中学生の励まし=震災+放射能で被災者たちの応援映画と、一回目の感想でした。いや、そんな簡単な映画じゃない 観…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

[ヒミズ」No3 未来 No4反省

 NO3 先に前編をお読みください http://cinema-eiga.at.webry.info/201401/article_19.html 「ヒミズ」は東北訛りで「秘密」だといいなあ、地を這う生き物より。  一番秘密にしておきたいのは、未来ですか、過去ですか 自分の未来が、分かる人っています? 過去のこと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

{恋の罪」は東電OL殺人事件から入ったのではなく「ヒミズ」の園子温から入った

橋下維新の会代表代行の稚拙な(表現の仕方の問題で中味は真実と言う意味) 素性暴露して、陳謝した佐野眞一氏の『東電OL殺人事件」からはいってきたのか、 この『恋の罪』からなのか、それぞれでしょうけど、 東電から政治家へ、そして警察・検察・判事の赤裸々、強引に ネパール人を犯人に仕立て、判決が出、一件落着だった筈。 闇の世界の…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more