「岸辺の旅」深津絵里と浅野忠信と蒼井優と奥貫薫さんが光っています。

岸辺の旅


ストーリー

夫(病院の歯科医)である優介が失踪して3年。
考えられるところをすべて探したが優介をみつけられなかった瑞希(ミッチャン)は、
やる気のないピアノ教師になっていた。

ある日突然に優介が部屋の中に靴を履いたまま現われる。
足があるので昔の幽霊ではない。
実体が見え、他人にも見え、お腹もすく、今時の幽霊だった。
3年前に富山の海に飛び込み自殺し、かにに食われ、肉体はないと説明し、
歩いてこの家に戻った。3年掛けて。

その3年間彷徨った土地をめぐる旅に出ないかと誘われ,みッチャンは、一緒に行くことに。
電車に乗ったり、バスに揺られたりして、あちこち世話になったところを訪れる。

新聞配達業に携わる老人(島影さん)もまた死んだことを気付かない死者だった。
=優さんに会えたからとあの世に旅たつ)

夫婦の経営する食堂店。奥さんの妹の幽霊とも会う。
妹が引きたかったピアノを弾かせてあの世に

優介の浮気相手(蒼井優)とも みッチャンは対面する。
蒼井優は,生きた人妻で今秋出産予定で、みっちゃんをぎゃふんといわせる

山奥の農村へ向かう、
そこの人々に向けて優介が私塾を開いていたことを知る。
農家の1人息子(たかし)が家出中に風邪をこじらせて死に
ひとりで引取りにいった妻(薫」もそのまま行方不明。

暫くして、傷だらけの薫がお腹を空かした優介を連れて戻ってくる。
そして未練たらしく薫さんにまとわりついた(たかし)をあの世へ送り出す。

みッチャンは、その村の死人の出入り口と言われる滝で,みッチャンが16歳だった時亡くなった父と対面する。
「ずっと見ていた、あの男(優介)がしたことを思うと.....とにかくあいつを忘れろ」と助言する。.........
画像

セリフ
優介が村人に教える、宇宙の歴史と意味を。
「光の質量はゼロです。しかし波がある、波長がある、どんなに小さくとも。
だから、無であること、何もないことは、決して無意味ではありません」
画像


「137億年前に宇宙が生まれました。
始まりがあれば、終わりがある。
宇宙は永遠に続くものではなかった。
縮まるどころか年々加速していることが分かった。
しかもそんな広大な宇宙が10の500乗個も存在している。
137億年というものは、ほんの一瞬に過ぎない。
計算によると28億年後の地球の温度が140度になって住めません。
40億年後には,銀河系とアンドロメダ星雲が衝突することになっています。
まあ、これはほんの些細な出来事なんでしょう。宇宙はこれで終わるんじゃない。
それからまた始まるんです。
生まれてきて、よかった」
画像


とまあ、けっこう説得力があります。

新聞配達員のおくさんにすき焼き鍋をカッとなってボーンとぶつけたら、それっきり
「家族だってなんだって プッツリ切れたらそれまでなんですか!?」
画像

食堂の奥さんには8歳離れた妹がいて、もらったピアノを勝手に弾いていたのを我慢できなくて叩いた、妹は体が弱くてすぐ死んでしまった
「でも そんな同でもいいことが、タコ糸みたいに いっつも足元にからみついてて
年をとればとるほどに 一歩も前に進めなくて_
画像

「私を過去につなぎとめているの それで
心からマコちゃんに謝りたい」

浮気した女からの手紙を見つけたみっちゃんは、彼女より早く優介をみつけようとお守り代わりに持っていた
優介「もう忘れたよ」
みっちゃん「私の中では、全然終わってない。この先10年でも20年でも絶対忘れないからね」
画像

で浮気相手の蒼井優に会う
蒼井「でも想像通りのお方でちょっと拍子抜けしましたね」
画像

蒼井「きっとこれから死ぬまで平凡な毎日が続くんでしょうね
それ以上に何を求める事があります?」
画像

みっちゃんは負けました。悔しかったんでしょう。でもハッと気付いたら優介がいない。
あわてて団子を作って優介を待った。

もちろん優介は戻って慰めます。これはちょっとへんですけどね。

山村に行って農家の嫁薫さんが登場します。
画像

夫(たかし)の死骸を引き取りに行ってそのまま帰らなかった。暫くして、腹を空かした優介を連れて戻ってきた。
たかし「俺は風邪をこじらせて死んだ、あんたは自分で死んだどうちがうんだ」
優介「身の程が分かっている」
たかしが消えかかる
たかし「望み?そんなこと言ってどうなんだ」
優介「しばらくの間覚えとくぐらいできるよ」
たかし「望みか、おれは死にたくなかった。そう薫に伝えてくれ」
画像

優介が3年かかって歩いてみっちゃんのところにきたのは
「ちゃんと謝りたかった。でもどうやって謝ればいいかずっとわからなかった」
画像


人は、何で、137億年〇月〇日午後〇時に日本のひとりに話ができることを
奇跡と思うことができないんでしょうね。

心から心のままに言えないのは、何が引っ張っているんでしょう。

何故か、是枝監督の「ワンダフルライフ」を再び見たくなりました。
http://cinema-eiga.at.webry.info/201401/article_24.html
画像


そうじゃなくって、言わなければいけない人に心からほんとうのきもちを伝えないとね、いや謝らないと。




※137億年といわれていたが実は138億年前に宇宙が生まれた
http://aada.at.webry.info/201304/article_51.html
ちょうど、「忘れるメカニズム」を線虫で発見というニュースも入ってます。


キャスト
薮内瑞希 - 深津絵里(大丈夫 そうお母さんに伝えて)が見せ場かな
薮内優介 - 浅野忠信
松崎朋子 - 蒼井優(それ以上何をもとめることがあります?)あんな顔できる女優さんになっているんだ!
島影 - 小松政夫
星谷 - 柄本明
星谷薫 - 奥貫薫(しみじみした美人です)
タカシ - 赤堀雅秋
瑞希の父-首藤康之(バレーダンサーなんですが,歩き方が....)


スタッフ

監督 - 黒沢清(何故か1本しか見ていない)
原作 - 湯本香樹実『岸辺の旅』2010年2月25日(単行本)
脚本 - 宇治田隆史/黒沢清
音楽 - 大友良英/江藤直子
撮影 - 芹澤明子
照明 - 永田英則
製作 - 「岸辺の旅」製作委員会
(アミューズ、WOWOW、ショウゲート、ポニーキャニオン、博報堂、オフィス・シロウズ)
2015年10月1日に全国90スクリーンで公開
2016年4月20日にBDとDVD
日仏合作128分
カンヌ監督賞受賞



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
カテゴリーは、右側にありますが、もう少し細かいカテゴリーを見たい場合、
1度カテゴリーのどこでもクリックしたら、もっと細かいカテゴリーが見れます。

----------------------------------------------------------
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
画像


A関西ニュース(京阪神地区大阪・兵庫・京都・
滋賀・奈良・和歌山・三重県)の
オープン、キャンペーン、イベント・お得情報を無料で告知する



「A関西ニュース」関西パブリシティニュースサイトhttp://pubnews.at.webry.info/



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
大阪、グラフ、広告、小売飲食、経済、NET、政治、放射能、秘密保護法などが
書いてあるブログ
大阪広告代理店のひとりごとⅡのブログトップページへ
http://aada.at.webry.info
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
全国の都道府県の広告なら、株式会社ア・アド・エージェンシー
テレビ・ラジオ・新聞・フリーペーパー・求人・チラシ
広告のリスト・料金一覧
が載っています。
もちろんご相談無料です。
良い広告、効果のある広告をアドバイスいたします。

大阪・広告代理店ア・アド・エージェンシー
大阪市北区天神橋1丁目7-10やまとやビル3F
TEL06-6881-0456   mail aaa@a-ad.net   URL http://a-ad.net
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
画像をクリックすると、このページに飛びます
画像

画像をクリックすると、このページに飛びます
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック