「泣く男」韓国映画の水準がよく分かります。チャン・ドンゴンは、イ・ジョンボムは一流です。

もちろん、チャン・ドンゴンがこの映画を一流にしています。
男の、壮年のボクが観ても カッコよすぎます。
画像

テーマは、人の持つ感情,良心は,誰でも持っている。
ただ、生きて行くうちに奥に秘せさせてしまっているが、必ず持っている。
それは、意外なところから
良心が沸き起こってくる。
良心と対極をなした意図しないで起きた出来事だから、蘇る。
画像

意図した殺人は、良心は露ひとつ動かない。

ストーリー
アメリカの西部を旅していた(逃げていたのか知れあい)母親に捨てられ、
中国系マフィアに拾われ拾ってもらった子どもは(ゴン)、やがて冷酷無比な殺し屋に育つ。
大人になった、ちょっとカッコよすぎる,ゴン(チャン・ドンゴン)。

殺しの仕事の途中(ロシアンマフィアと韓国ビジネスマンの取引中を襲い皆殺し)、
ついさっき折鶴をあげた子どもを、
誰とも知らず、ドア越しで撃ち殺してしまう。

彼は、その日からアメリカのやくざ社会から消える。
この世界は甘くない。探し出され、殺した少女の母親チェモギョン(キム・ミニ)も殺せと命令される。
画像

舞台は変わって韓国。少女の母親は、投資会社のやり手社員だった。
画像

とにかく、アクション(カーアクション、格闘も、銃撃も)どんどん変わる状況も
おもしろいし、1級の作品になっています。
画像

「泣く男 」NO TEARS FOR THE DEA

キャスト
ゴン(殺し屋)=チャン・ドンゴン
チェ・モギョン(少女の母)=キム・ミニ画像

チャオズ(やくざ兄弟分)=ブライアン・ティー
室長(闇の韓国やくざ)=キム・ヒウョン
ファン=アントニー・ディリオ
アルバロ=アレックス・レイス

スタッフ

監督・脚本イ・ジョンボム
2014年6月4日公開 日本2014年10月18日


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
カテゴリーは、右側にありますが、もう少し細かいカテゴリーを見たい場合、
1度カテゴリーのどこでもクリックしたら、もっと細かいカテゴリーが見れます。

----------------------------------------------------------
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



新サイト登場!『A関西ニュース』
関西(京阪神地区大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・三重県)限定情報
オープン・イベント・グルメ・エンタメ・キャンペーン、イベントニュースhttp://pubnews.at.webry.info/
関西限定ワンコイン・以下ランチ紹介(200店以上)ページができました。
http://pubnews.at.webry.info/201404/article_36.html
画像




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

大阪、グラフ、広告、小売飲食、経済、NET、政治、放射能、秘密保護法などが書いてあるブログ
大阪広告代理店のひとりごとⅡhttp://aada.at.webry.info

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
全国の都道府県の広告なら、おまかせください!
新聞・テレビ・ラジオ・フリーペーパー・求人・チラシ広告のリスト・料金一覧が載っています。
もちろんご相談無料です。
良い広告、効果のある広告をアドバイスいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
大阪・広告代理店ア・アド・エージェンシー
TEL06-6881-0456 mail aaa@a-ad.net URL http://a-ad.net

画像をクリックすると、このページに飛びます
画像

画像をクリックすると、このページに飛びます
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック