大阪広告代理店マンのシネマ映画

アクセスカウンタ

zoom RSS 「最強のふたり」は、ハリウッド製かと思いました。それほどボクは悲惨なのか

<<   作成日時 : 2014/10/07 17:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

50代と60代の男たちの会話
60A「安楽死が選択できる日本になって欲しい。
   スイス・オランダがやっているのに、
   超長寿国の日本がしないのはオカシイ」

60B「安楽死はいややな、ぽっくり死にたい、自然に、死期を選ぶなんて、できないなあ」
50A「なんとかして生きたい、安楽死なんて選ばない」

60A「じゃ、介護してもらい続けるの」

60B「治らない病で、生命維持装置をつけなければ生きられないと分かったら、装置の電源をきってもらう、
   それを安楽死とはいわないでしょ。

50A「絶対死ぬと分かって、苦しみ、介護が必要で、金もかかるなら、安楽死を選ぶかもしれない」

60A「すぐに死にはしないけど、1人では生きていけない、誰かの介護が必要で、治療費もかさむのであれば、
   やっぱり、安楽死を選びたい」

60A.60B.50A「アルツハイマーに自分がなったら?......」

この3人の背景
60A:1人暮らし、娘がいるが、絶縁中。金に困ってはいないが、高額な養老院に行く金はない
60B:1人暮らし。困ってはいないが、質素な生活が板についてる
50A:妻・子供2人と同居中。金はあるが失業中

この3人が、もし大金持ちだったら、
考え方が、がらっと変わるし、
貧乏人なら、たぶんこんな会話になっていた。

フランス映画にしては、実話と言う口実で超ハリウッド的な状況設定で、

生きる希望を与えているかのようにおもうけど、

金がない2人なら、どうなっていた?って ついつい妬んでしまいました。


最強のふたりIntouchables

ストーリー
パリに住む富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、
頸髄損傷で首から下の感覚が無く、体を動かせない。
フィリップと秘書のマガリー(オドレイ・フルーロ)は、
新しい介護人を雇うため、候補者の面接をパリの自宅でおこなっていた。
ドリス(オマール・シー)は、職探しの面接を紹介され、
、給付期間が終了間際となった失業保険を引き続き貰えるようにするため、
きただけで、毛頭合格しようとおもってなかった。、面接証明のサインをもらうため。
だから、ぞんざいに受け答えした。
気難しいところのあるフィリップは、介護や看護の資格も経験もないドリスを、周
囲の反対を押し切って雇うことに。人を見るってことはどんなけ難しいか。
しかも、採用してから、がっかりするか、思いの外よかったりする。

フィリップは、自分のことを病人としてではなく、
一人の人間として扱ってくれるドリスと次第に親しくなっていく。

キャスト

フィリップ= フランソワ・クリュゼ頸髄損傷の富豪。
ドリス= オマール・シー、黒人青年。
イヴォンヌ= アンヌ・ル・ニ、フィリップの助手。
マガリー=オドレイ・フルーロ、
フィリップの秘書、口述筆記など担当。


スタッフ

監督 エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ
脚本 エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ
製作 ニコラ・デュヴァル・アダソフスキ/ヤン・ゼノウ/ローラン・ゼイトゥン
音楽 ルドヴィコ・エイナウディ
公開 フランスの旗 2011年11月2日/日本 2012年9月1日
上映時間 112分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
製作費 9 500 000 euros
興行収入 16.5億円
日本のフランス映画では歴代1位



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
カテゴリーは、右側にありますが、もう少し細かいカテゴリーを見たい場合、
1度カテゴリーのどこでもクリックしたら、もっと細かいカテゴリーが見れます。

----------------------------------------------------------
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「関西ニュース」(オープン予定、キャンペーン、イベントニュース)http://pubnews.at.webry.info/
画像


関西(京阪神地区大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・三重県)の
オープン、キャンペーン、イベント・お得情報を無料で告知する
関西パブリシティニュースサイト「関西ニュース」http://pubnews.at.webry.info/
 ※元京阪神プガジャ



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
お申し込みはこちら≪掲示板≫から
http://a-ad.bbs.fc2.com/
---------------------------------------
ただいま関西地区記者募集中(ボランティア)です.
お申し込みはaaa@a-ad.net または 06-6681-0456 ア・アド・エージェンシー内[関西ニュース編集部]
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


全国の都道府県の広告なら、おまかせください!
新聞・テレビ・ラジオ・フリーペーパー・求人など
料金一覧が載っています。
もちろんご相談無料です。
良い広告、効果のある広告の
種類をアドバイスいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
大阪・広告代理店ア・アド・エージェンシー
TEL06-6881-0456 mail aaa@a-ad.net URL http://a-ad.net

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
カナダも安楽死を容認
2015年2月6日 カナダ連邦最高裁は,安楽死を認める判決を出した。 「病気で耐え難い苦痛,治療法がない患者で、医師の手助けによる』と言う条件 判事9人中全員一致。 ...続きを見る
大阪広告代理店のひとりごとU
2015/04/16 00:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「最強のふたり」は、ハリウッド製かと思いました。それほどボクは悲惨なのか  大阪広告代理店マンのシネマ映画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる