映画「秘密」の結末には、価値観で答えが違う

画像


「憑依」と「リーインカーネーション(転生)」とは、どう違うのか?っては、この3本を見れば明らか、でもない。

「秘密」は東野圭吾の小説を2人の監督によって、別物の結果を生む。
転生の「ONEひとつになりたい」は輪廻転生の転生なだけど途中で入れ替わる

憑依は人格が、別の人間の体に移る。だから、体の中には、2人の人格が入っている。

転生は、生まれ変わりだから、1人の人格しかない。筈なのに、鉄板の倫理観で捻じ曲げられている。

3本とも、男の頭でっかちに苛立ち、女の適合力に完膚なく、心情を壊される。
それが、切ない。
ぼくが、登場人物の父であれ、時計職人であれ、吹けば飛び、形を変えてしまうような倫理観の持ち主なんで、
きっとセックスします。
なぜなら、相手は、愛している人格なんだから、
人って、特に好きな人って、身も心もすきなんでしょう。
究極の選択で、心を取る人は白いカードを、身を取るという人は赤いカードを
白熱教室のサンデル風に上げてもらったら、白いカードが圧倒的だと思う。

それが、娘だということで、1分の欲情が、鉄板倫理観を投げ捨てられるか、反省後悔しないかを
悩むだろうなと思います。

憑依にしたって、転生にしたって、別の(たとえば男だったり、犬だったり、)したら、それでもセックスするだろうか
って、考えたら、これは、1週間以上魘されると予測してしまう。現に3日間うなされています。
ましてや日本人の儒教に縛られた人,ノンセクトの人,キリスト教的価値観で,映画の結末はガラッと変わる。


日本版「秘密」
画像

ストーリー
スキーバスの転落事故で、病院に運ばれた杉田平介(小林薫)の妻・直子(岸本加世子)と高校生の娘・藻奈美(広末涼子 )。直子は死ぬが、意識不明だった藻奈美は意識が戻る。ところが、意識が戻ったけど、直子の人格が宿っていたのである!
世間的には父と娘として暮らすことになる平介と直子。だが、17歳の体になった直子はいきいきと若さを満喫する一方、そんなふたりの気持ちは、次第にすれ違うようになっていく。しかし、お互いの愛を確かめようにも
平介は、娘の体をした直子を抱くことを躊躇する。家族の幸せが自分の幸せだと、平介は直子が藻奈美として生きていくことが彼女の幸せなのではないかと思うようになる。
そんな折、藻奈美の人格が現れ出したのである。娘が戻ってきたと喜ぶ平介だが、同時にそれは直子の人格が消えることを意味していた。それから数カ月後。平介は、藻奈美を嫁に出す。

キャスト
広末涼子 (杉田藻奈美)
広末涼子 (直子)
小林薫 (杉田平介)
岸本加世子 (杉田直子)
金子賢 (梶川文也)
石田ゆり子 (橋本多恵子)
伊藤英明 (相馬春樹)
大杉漣 (梶川幸広)
東野圭吾 (大学教授

スタッフ
監督 滝田洋二郎
原作東野圭吾
製作年 1999年
製作国 日本
配給 東宝
ここのトピは面白かった
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0817/339561.htm


モルダー捜査官の「秘密」
「秘密 THE SECRET」原題:Si j'étais toi
フランス映画なのに舞台は、アメリカ、脇見運転は、ハリウッド映画丸出し
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像



キリスト教の国らしい結末です。
なんか物足りない、キリストさんにご縁がないぼくには、大不満で、モルダー捜査官を頸にします。
もちろん、リュック・ベンソンを軽蔑します。あれを変えちゃいけない。

キャスト
ベン・マリス =デイヴィッド・ドゥカヴニー
サマンサ・マリス = オリヴィア・サールビー
ハンナ・マリス = リリ・テイラー

スタッフ
監督 ヴァンサン・ペレーズ
脚本 アン・シェルキス
製作 リュック・ベッソン
ヴィルジニー・シラ
インディア・オズボーン
ヴァンサン・ペレーズ
公開 2007年
上映時間 92分
製作国 フランス


※「秘密」はもう一本ありました。テレビ版で2010年(テレ朝系)で9回ドラマで
見ておりません。苦悩は、結末はどうっだったんでしょうかね。
志田未来= 杉田藻奈美
佐々木蔵之介 =杉田平介
石田ひかり= 杉田直子
画像

画像



「ONE一つになりたくて」
画像

画像

画像


ストーリー
川崎に住む中学3年の15歳になったアリサ(河合 優)の毎晩夢に、
現れる見知らぬ中年の男。知らないのに、なぜかこころが踊る。
懐中時計に引かれ見つめ続ける。夢の中で柱時計がよく出ていた。
導かれるように図書室で、さあっと取り上げた写真集。
広げてみたら、見たことのある風景写真を見つけた。
そこは、行ったことの無い富山県だった。
それから、アルバイトをして、夏休みの8月9日に富山に旅たつ。

その男は、15年前の8月9日に事故で妻を失くした、時計修理屋のシュン(木下ほうか)だった。
「還って来ました」と言われても、戸惑うばかり。
じゃ、証拠をと言って、シュンは懐中時計を見せる。
もちろん、それは、プロポーズに贈った懐中時計だと、うれしそうにアリサ(ミサ)が答える。.....

キャスト:
木下ほうか:(時計職人シュン)、
河合 優:(中学3年生のアリサ(ミサの生まれ変わり)、実際この時は15歳。
宮本真希:(ミサの妹で弟の婚約者でシュンを密かに好き)、
水元秀二郎:(シュンの弟)、
松井紀美江:(アリサの母)、
菅井 玲:(シュンの妻だったが、死亡している)

スタッフ
監督:市川 徹(※リチャード・バックに感謝の意を送っている)
脚本:鄭 義信
監修:霊能者の下ヨシ子
2006年製作作品(劇場未公開)

前に書いた日記
http://cinema-eiga.at.webry.info/201402/article_29.html


この当時、ヒットしたジョナサンの問題もありますよ。




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
カテゴリーは、右側にありますが、もう少し細かいカテゴリーを見たい場合、
1度カテゴリーのどこでもクリックしたら、もっと細かいカテゴリーが見れます。

----------------------------------------------------------
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「関西ニュース」(オープン予定、キャンペーン、イベントニュース)http://pubnews.at.webry.info/
画像


関西(京阪神地区大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・三重県)の
オープン、キャンペーン、イベント・お得情報を無料で告知する
関西パブリシティニュースサイト「関西ニュース」http://pubnews.at.webry.info/
 ※元京阪神プガジャ



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
お申し込みはこちら≪掲示板≫から
http://a-ad.bbs.fc2.com/
---------------------------------------
ただいま関西地区記者募集中(ボランティア)です.
お申し込みはaaa@a-ad.net または 06-6681-0456 ア・アド・エージェンシー内[関西ニュース編集部]
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


全国の都道府県の広告なら、おまかせください!
新聞・テレビ・ラジオ・フリーペーパー・求人など
料金一覧が載っています。
もちろんご相談無料です。
良い広告、効果のある広告の
種類をアドバイスいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
大阪・広告代理店ア・アド・エージェンシー
TEL06-6881-0456 mail aaa@a-ad.net URL http://a-ad.net

画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック