映画「まぼろし」シャーロット・ランブリンと「幻の光」江角マキコと比べてみるのも、言い方悪いけど オツ

何十年も夫婦として暮していて、突然、その相手が消えたら、
どうなるんでしょうか。狂いますか?動揺はしても、また新たな一歩を踏み出しますか。

どっちがいいかは、歴然としているのに、何かが邪魔をする。

「まぼろし」は、失った内容まで把握しているのに、絶対的消滅を確認したにも拘らず
主人公は、狂っていくことを選びます。
画像

映画は、それを、バカと切り捨てず、狂って生きる事も肯定せずに 終わっています。

叶えられない未練なんか捨てればいい。
これから生きて行く歩みをストップして過去を見て過ごす人生なんかもったな過ぎる。

それでも彼女は、もうボクラの視界にないものを追っかけていく。



ここから、セリフ※朗読も
たぶん英語の先生だった彼女(ランブリン)が教室で朗読する
「僕の心は幾度も
空っぽの場所へ舞い戻った。

何を失った
何が終わった?

終わったとボクはつぶやき
言葉でボクを慰めた

人々は、ボクのうつろな顔
空虚な会話に気づいた。

帰り仕度をしながら、
ボクは芝居かかってこう言った

青春を失った と。
画像


それで、別の男と寝た時笑い出す
男はムッとして、
「何故笑う」
画像
「だって、あなたはとても軽くて
悪くとらないで 重さが違うだけ」

夫はトドとはいかないまでも大柄で太かった。
だから、きっと夫が上に乗られているとき、
あの重くのしかかられる体に馴れていたから、
なんてラクなんだろうと思ったのと、
夫じゃないことに違和感を感じたんだと思う。
画像

画像

夫の母親にあって、彼は鬱だったこと、自殺したかも知れないと伝える。
母は
「母と息子の絆を甘く見ている
画像
画像

家族を作らなかった
息子は、何もかも捨てて、失踪したんだ、自殺するような子じゃない」

警察から、夫に一致した死体が上がったと連絡がきて、解剖室で
腐乱していて変容していると説明をうけながら
「全部をみないといけないのよ」
画像


彼女の夫を失った日々には、まぼろしの夫がいつもいた。
画像
画像

画像

また別の欲求も
画像

画像

画像

画像

さらにエスカレートして
画像

画像


しかし、遺体を見て水着を見て判った。でも時計は彼のものじゃないと笑う

夫を失った浜辺で彼女は泣いた。
ふと遠くを見れば、夫がいる。
画像

シーンに映っている男の方ではなく、彼女だけが見える夫の方へ走っていく


画像


夫の母が言ったように、
「私より、あんたが先に入るんだよ」

まぼろし Sous le sable

ストーリー

結婚30年近い夫婦が夏のバカンスに浜辺の別荘に行く。
浜辺で寝そべっていた時、夫が泳がないかと誘うが、網ちょっとしてからって答え、
夫は一人海の方へ向かった。
本を読み、一眠りして海を眺めたら、夫の姿がない。
レスキューや警察の捜索でも見つからなかった。
自殺、溺死、失踪のいづれかで、夫は消えた。
妻は、そのあと..........。


キャスト

マリー= シャーロット・ランプリング
ジャン= ブリュノ・クレメール
ヴァンサン= ジャック・ノロ
アマンダ= アレクサンドラ・スチュワルト
ジェラール= ピエール・ヴェルニエ
スザンヌ= アンドレ・タンジー

スタッフ

監督 フランソワ・オゾン
脚本 フランソワ・オゾン/エマニュエル・ベルンエイム/
マリナ・ドゥ・ヴァン/マルシア・ロマーノ
製作 オリヴィエ・デルボス・マルク・ミソニエ
音楽 フィリップ・ロンビ
製作会社 フィデリテ・プロダクションズ
公開 2000年9月11日(TIFF)日本2002年9月14日
上映時間 95分
製作国 フランス フランス語

おまけ
この映画でスーパーマーケットでランブリンが買い物するときに流れてきた歌(題名はわからず)
の歌詞だけ画像

夏の終わりがこんなにも
美しく過ぎてゆくなんて

今年のぶどうは豊かに実り
遠くにツバメが集まってくる

けれど別れよ

あんなに愛し合ったのに
さよならを言うには
なんて美しい季節

青春を生きるには
なんて美しい夕べ

タバコの煙とともに
愛は去り行く


私の心は止まる





江角マキコの「幻の光」と比較したら、分かります、死との別れ方
http://cinema-eiga.at.webry.info/201403/article_16.html








★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
カテゴリーは、右側にありますが、もう少し細かいカテゴリーを見たい場合、
1度カテゴリーのどこでもクリックしたら、もっと細かいカテゴリーが見れます。
----------------------------------------------------------


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

新サイト登場!オープン予定、キャンペーン、イベントニュースhttp://pubnews.at.webry.info/
画像


関西(京阪神地区大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・三重県)の
オープン、キャンペーン、イベント・お得情報を無料で告知する
関西パブリシティニュースサイト「関西ニュース」http://pubnews.at.webry.info/
 ※元京阪神プガジャ



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
お申し込みはこちら≪掲示板≫から
http://a-ad.bbs.fc2.com/
------------------------------------------
ただいま関西地区記者募集中(ボランティア)です.
お申し込みはaaa@a-ad.net または 06-6681-0456 ア・アド・エージェンシー内[関西ニュース編集部]
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
全国の都道府県の広告なら、おまかせください!
新聞・テレビ・ラジオ・フリーペーパー・求人・チラシ広告のリスト・料金一覧が載っています。
もちろんご相談無料です。
良い広告、効果のある広告の種類をアドバイスいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
大阪・広告代理店ア・アド・エージェンシー
TEL06-6881-0456 mail aaa@a-ad.net URL http://a-ad.net

画像


画像


画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック