「道」のジェルソミーナが、何故好きだっと言うのが、気になって、もう一度見てみたら、.....

小学校の時に見たジェルソミーナは、子供の目からみても、ぶ女じゃなく、かわいく、きれいな人であった。
だから、キレイじゃないけど、いい女優だと、世間の人が言うたびに、いつも腹立たしかった。
ジュリエッタ・マシーニとフェリーニは、ラジオ番組で知り合い結婚している。フェリーニだって、きっと
キレイな人と思っていた筈。

この映画には、いろんなメッセージが散りばめられています。
※少年時みたときは、石ころの話は、浅くわかってはいましたが、深くは意味をしらなかった。
画像

セリフが長いので、早々に書きます。

サンバノの古い知人、綱渡り芸人(キ印)と知り合って
ジュリエッタ「生きていくことにいやになった」
キ印「料理ができるのかい?」首を左右に振るジュリエッタ

キ印「何ができるんだ?歌や踊りは?
   それとも男と寝るのが好きか?」うつむくジュリエッタ
キ印「では、何が好きだ?別に美人じゃないし」

ジュリエッタ「私はこの世でなにをしたらいいの?」
キ印「いつまでもザンバノと一緒に苦労を続けるのか
お前もザンバノには、何かの役にたつんだろう?
前に逃げたときはどうだった?
奴はなぜ引き戻したのかな?

オレなら、一発でお前を捨ててしまう

恐らく、惚れているんだ」

ジュリエッタ「ザンバノが?私に?」
画像

キ印「ヘンかい?奴は犬だ!
   お前に話しかけたいのに、吼えることしか知らん」
画像

ジュリエッタ「かわいそうにね」
キ印「そうだ、かわいそうだ、しかし
   お前以外に誰が奴のそばにいられる?」

これから言うセリフが、たぶんフェリーニの1番のメッセージなんでしょう

キ印「この世であるものは、何かの役にたつもんだ
   たとえば、この石、どれでもいい、こんな小石でも、何かの役にたっている。
省略
画像

こんな小石でも何かの役にたつ。
これが無益なら、すべて無益だ。
空の星だって、お前だって」

ある泊めてもらった尼僧に「道」の曲を吹いて聞かせる。
画像

ザンバーノは、いつの間にか吹けるようになっていたことに驚く
画像

ジュリエッタが尼僧に「あなた、ここばかりにいるの?」
尼僧「私たちも移るわよ。2年ごとに僧院を変えるの。
同じところに長くいるとーー
どうしても離れなくなるからーー
住む土地に愛情がわいて
一番大切な神様を忘れる危険がある。
わたしは、神様と二人づれで方々回る訳なの。」

ジュリエッタ「ひとによっていろいろあるのね」
ジュリエッタは、ザンバノに愛してもらっていることを確信する。

その雨が降る夜、僧院の納屋で
画像

ジュリエッタ「少しは私のこと好き?
 何故、私と一緒なの?
 私は醜いし、料理も何もできないのに

 私が死んだら悲しい?」
ザンバノ「お前死ぬのか?」
ジュリエッタ「前にはこんな生活なら、死にたいとおもっていたわ
 今は、二人は夫婦みたいね
 小石でも役に立つなら、一緒にくらせばいい
 よく考える必要あるわ、あなたは考えない?」

ザンバノ「考えたことねえよ」
と吼えるだけ。
その晩世話になった僧院の銀製品をジェルソミーナに盗ませる
それでも、初めてジェルソミーナは、精一杯の意地をはる。
画像

画像

そのあとキ印と偶然会い、ザンバーノは2発殴っただけで、でも、打ち所が悪くキ印は、ジュリエッタの前で死んでしまう。
悲しみに暮れるジュリエッタ
画像


呆然自失したジュリエッタは、もう芸人としても、口も利かず、体も許さない、
画像

それでも、正気もどったとき
ジュリエッタ「私がいないとあなたは1人よ」って言う。
画像

ザンバーノは、実家にも帰ろうとしないjジュリエッタを、捨てる決心をする。
荷物や衣類も置き、彼女のために、少しのお金とトランペットを置いて去ってしまう。
画像


何年かが過ぎ、ザンバーノは、流れてくる音楽に引き連れられるように、音楽を歌っている女性に聞く
画像


淀川長治さんの解説で
男と女とキ印(神)の物語で、戦後初めて公開されたこのイタリア映画は、まちがいなく名作ですって。


ニーロ・ロータの曲
http://cinema-eiga.at.webry.info/201401/article_53.html
音楽http://youtu.be/Mc3y7hLuKpc

ストーリー

旅芸人のザンパノ(クイーン)は芸の手伝いをする女が死んでしまったため、その姉妹のジェルソミーナをタダ同然で買い取った。粗野で暴力を振るうザンパノと、頭が弱いが心の素直なジェルソミーナは一緒に旅に出る。

道化の格好で芸をするジェルソミーナ。新しい生活にささやかな幸福さえ感じていたのだが、ザンパノの態度に嫌気が差し、街へと逃げていく。そこで綱渡り芸人の「キ印」に出会う。
ジェルソミーナはザンパノに連れ戻されるが、綱渡り芸人のいるサーカス団に合流することになる。
ある日、キ印のからかいに怒りの限界を超えたザンパノはナイフを持って追いかけるのだが、
その行いで逮捕されてしまう。
その間に、あの(道)の曲を吹けるようになる。
翌日、ジェルソミーナは釈放されたザンパノを警察の前で出迎え、2人だけで芸をする日々をすごした。
しかし後日、ザンパノは故障した自動車を直す(キ印)を見かける。
仕返しする機会を待っていたザンパノは綱渡り芸人を2発殴るが、打ち所が悪く死んでしまう。

ジェルソミーナは、悲しみに打ちひしがれ、気が振れてしまう。役に立たなくなった、ジェルソミーナを
ザンパノは、居眠りしている彼女を置き去り(トランペットを置いて)にして去ってゆく。

数年の時が流れ、見知らぬ海辺の町に立ち寄ったザンパノは、
耳慣れた歌を耳にした。それはジェルソミーナがよくラッパで吹いていた曲だった.........。


La Strada

キャスト
アンソニー・クイン=ザンバノ
ジュリエッタ・マシーナ=ジェルソミーナ
リチャード・ベイスハート=キ印 綱渡り芸人:

スタッフ
監督・脚本 フェデリコ・フェリーニ
脚本エンニオ・フライアーノ
トゥリオ・ピネッリ
製作 カルロ・ポンティ
ディノ・デ・ラウレンティス
音楽 ニーノ・ロータ
撮影 オテッロ・マルテッリ
配給 イタリフィルム / NCC
公開 1954年9月22日
日本1957年5月25日
上映時間 104分
製作国 イタリア

















★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
京阪神(関西)地域オープン(予定)、キャンペーン告知、イベント告知ニュースサイト
「京阪神プ・ガ・ジャ」http://pubnews.at.webry.info/
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
画像
   
オープン(予定)、キャンペーン告知、イベント告知
    京阪神(関西)地域   
     ニュースサイト
      無料告知
    京阪神プ・ガ・ジャ
 
 お申し込みはこちらから
http://a-ad.bbs.fc2.com/



ただいま、関西在住のボランティア記者を求めています。もちろん出勤は、ありません。
思想信条はあってもかまいません。映画のこと、音楽、芝居、本であっても
関西に関係していれば、OK、思い切りローカルでもOKです
応募は、簡単プロフィールと記事を書いて
aaa@a-ad.net に記者応募を件名に入れてお送りください。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


PR_____

全国の都道府県の広告なら、おまかせください!
新聞・テレビ・フリーペーパー・求人・チラシ広告のリスト・料金一覧が載っています。
もちろんご相談無料です。
良い広告、効果のある広告の種類をアドバイスいたします。
大阪・広告代理店ア・アド・エージェンシー
TEL06-6881-0456 mail aaa@a-ad.net URL http://a-ad.net

画像


画像



画像

この記事へのコメント

お天気太郎
2018年12月20日 02:46
私もこの映画が大好きです。

この記事へのトラックバック

  • 2013年に観たマイベスト洋画18(上映が2013年でないのがほとんどです)

    Excerpt: 映画は、封切を観ないというより映画館で見ない習慣がついてしまった。 理由は、まず金と時間 次が、たぶん1番重要何ですが、いい映画を何度もリピートできる、画像を撮れる。 それが、映画を深く理解でき.. Weblog: 大阪広告代理店マンのシネマ映画 racked: 2014-02-03 11:26
  • 2013年に観た映画でベストテンにしようと思ったけど洋画18と邦画10におさまってしまう。洋画編

    Excerpt: 映画は、封切を観ないというより映画館で見ない習慣がついてしまった。 理由は、まず金と時間 次が、たぶん1番重要何ですが、いい映画を何度もリピートできる、画像を撮れる。 それが、映画を深く理解.. Weblog: 大阪広告代理店のひとりごとⅡ racked: 2014-02-06 12:57
  • 「つまずいた 小石もやはり 運命か」

    Excerpt: 2017年10月上旬新聞掲載川柳・短歌 ○「化けて出る ほどの未練も ないらしい」 ・・・貝塚 長岡正広 99%は化けてこないだろうけど、一人だけ化けて出たい。怖がらすんじゃなくて。それが未練か.. Weblog: 大阪広告代理店のひとりごとⅡ racked: 2017-12-28 18:38