映画「マイ・ライフ、マイ・ファミリー」  荷が降りるのは親と子どちらが先か?

画像
自分の両親の死に目に、残念ながら会えなかった。義父も、兄も。
冷酷で、立ち会わなかったという、冷血人間では、ボクは違うのですが、
死のタイミングがわからなかった、きっと長い時間(1~せいぜい1週間)なのに、付つっきりができなかった。
画像

ぼくは、世話をしていた訳ではないけど、もし世話を46時中やった人が、
死に目に出会わなかったら、きっとたいそう
悔やむのだろうなって。同情します。

そこで、きっと肩の荷が降りる。子の責任を果たした瞬間なのでしょう。

では、親は子に対しての肩の荷物を何時降りるんでしょう。
個人的感想ですが、結婚したときか、孫が出来た時か、そのいづれかの時間(とき)だったように思う。
子が親に対してより、劇的ではないので、はっきりとは言えないですが。

この映画のように、母が子を放棄し、父は暴力的で、無理やり自立させた、憎むべき親でも
やはり、肩の荷が知らず知らず、重たく乗っかっていたんですね。


主人公の兄(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、
ブレヒト(演劇の新境地を開いた人)研究している大学教授だから
この映画でも、そういう見せ方をしているんじゃ、と思います。

劇的演劇とブレヒト的(内面的演劇の比較もちゃんと映画の中で説明されています。
画像

劇的演劇(DRAMATIC THEATER)        | 内面的演劇(EPIC THEATER)
                                  |
情緒・感性(EMOTION)                   | 思考(THINKING)
暗示(SUGGESTION)                   | 議論(ARGUMENT)
感動(SENSATION)                    | 理由(REASON)
筋書(PLOT)                         | 語り(NARRETIVE)

父親が危篤だと病院からの連絡があり、兄妹は駆けつける。
ところが、劇的死はない、父が目覚め、何かを告げてくれるのを期待しながら、
死を待っている。ただ待っていただけなんです。※実際そうなんです。

翌朝娘が在る事で気付き兄を起こす。
画像

「これで終わりなの?」って妹(ローラ・リニー)が兄に聞く
「そうだ」で兄は答える。

何が終わったのか
 
父の人生が終わったのか

 父とのつながりが終わったのか
 父への憎しみと負い目が終わったのか
 
それとも、上記の全部なのか

かくして兄妹2人は、それぞれの道を歩んでいく。

だから、ナニって言ってません。

そう、シンキングタイム。

二つ面白い事がこの映画で見つけたので、ご紹介しています。

ひとつは、結婚できない事象より、玉子焼きを焼いてくれる姿の方に男は涙する。(普遍的かもしれませんよ)
画像

画像

もうひとつは、臨終の1~3日前、死ぬ人がシグナルを送ります。
あるものが、丸まったら、確実に往ってしまう。

それは、映画を観てのおたのしみ。※見た人もきっと忘れていると思います。

画像



マイ・ライフ、マイ・ファミリー
The Savages
ストーリー
独身の大学教授ジョンと作家を志す契約社員のウェンディのサヴェージ兄妹。
ある日、疎遠だった父親のラリーが認知症になり、二人は面倒見ることになる。
パーキンソン、老人ホーム老齢同棲等が出てきます。

キャスト
ウェンディ・サヴェージ:ローラ・リニー
ジョン・サヴェージ:フィリップ・シーモア・ホフマン
レニー・サヴェージ:フィリップ・ボスコ
ラリー:ピーター・フリードマン
エドゥアルド:デヴィッド・ザヤス
ジミー:ベンガ・アキナベ

スタッフ
監督 /脚本 タマラ・ジェンキンス
製作 テッド・ホープ
製作総指揮 アレクサンダー・ペイン/ジム・テイラー/ジム・バーク/アンソニー・ブレグマン/
フレッド・ウェストハイマー
音楽 スティーヴン・トラクス
配給 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
公開 2007年11月28日劇場未公開
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国
製作費 $9,000,000 興行収入 $10,642,023

サンダンス映画祭上映作品。
第80回アカデミー賞主演女優賞、脚本賞ノミネート。

主な受賞
セントラル・オハイオ映画批評家協会賞:主演男優賞
インディペンデント・スピリット賞:主演男優賞、脚本賞他受賞

エンディングはどちら?
画像

The Savageの意味:残酷なもの,残忍なもの
画像





















★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
京阪神(関西)地域オープン(予定)、キャンペーン告知、イベント告知ニュースサイト
「京阪神プ・ガ・ジャ」http://pubnews.at.webry.info/
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
画像
   
オープン(予定)、キャンペーン告知、イベント告知
    京阪神(関西)地域   
     ニュースサイト
      無料告知
    京阪神プ・ガ・ジャ
 
 お申し込みはこちらから
http://a-ad.bbs.fc2.com/



ただいま、関西在住のボランティア記者を求めています。もちろん出勤は、ありません。
思想信条はあってもかまいません。映画のこと、音楽、芝居、本であっても
関西に関係していれば、OK、思い切りローカルでもOKです
応募は、簡単プロフィールと記事を書いて
aaa@a-ad.net に記者応募を件名に入れてお送りください。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


PR_____

全国の都道府県の広告なら、おまかせください!
新聞・テレビ・フリーペーパー・求人・チラシ広告のリスト・料金一覧が載っています。
もちろんご相談無料です。
良い広告、効果のある広告の種類をアドバイスいたします。
大阪・広告代理店ア・アド・エージェンシー
TEL06-6881-0456 mail aaa@a-ad.net URL http://a-ad.net

画像


画像



画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック